SummerWind

Web, Photography, Space Development

さよならPowerPC

いやはや、やっぱり動揺しますなー。なんといっても今の今まで「Pentium 4より数パーセントも速いよ」と比べられていたPowerPCをやめてのIntel移行ですから。しかしAppleの革新の後には絶対にすばらしい製品が待っていると信じられるから不思議なもんで。

ある程度今回の情報の方もまとまってきましたね。エミュレーションの「Rosetta」はPowerPC G3まで対応していて、G4やG5を要求するアプリケーションは動作不可とか。AMDを採用しなかったのは生産能力の関係かとか、IBMはG5が採用されなくなってもほとんど痛みはないとか。

それにしても、今までのMac OS X全てにおいてx86版が作られていて、密かにテストが続けられていたというのはスゴイね。ということはアップルの”Transition”はすでにMac OS Xの開発とともに始まっていたということなのね。そういえば今回のJobsはいつものジーンズではなかったなぁ。珍しい。

さて、次に出てくるであろうデュアルコア版のPower Mac G5あたりを買おうかと思っていたところでこの発表はどうしたものか。考えられる選択は2つ。今のG5を買って、Intelに移行した後の第二世代Power Macあたりで再び買い替え。もう1つは、Intel版の第一世代Power Macまで完全に待ち。しかし今使ってるG4があと2年ももつかと心配。いやはや。

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
ソフトウェアエンジニア。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。