SummerWind

Web, Photography, Space Development

Appleは革新しつづける

なんてこった。JobsがMacのCPUをIntelへ移行と発表ですかい。恐れていたものが現実に。噂通り2006年から移行を開始し、2007年には完了予定と。KeynoteではすでにPentium 4上でネイティブに動作するTigerのデモも行われてますね。ソフトウェアはClassicのようなエミュレーション機能や、Xcode 2.1でのリコンパイルで対応するようですが、今あるソフトはほぼ買い直しになるんだろうな。

AppleのハードウェアはIntelになる事が決まったわけだけど、はたしてWindowsは動作させることができるのか。逆にMac OS Xは他のIntel系のマシンで動くのか。しかもよりにもよってなぜIntelなのか。AMDのほうがいいのでは。PowerPCマシンは今後どうなるのか。Dual Coreも、Power Book G5も結局は夢のままで終わってしまうのかね。まだ謎なことが多いですな。

個人的にはiPodのヒットでAppleはこのことを決断したのではないかと思う。この移行はAppleにとっては大きな負担になるけど、その間にiPodで支えようということではないのかな。デベロッパーがついてくるかは、今後のAppleの努力しだいでは。でもPowerPCをなくしたことで、Macらしさが半減しそうな気もするなぁ。

ちょうど移行が完了する時期に、次期Mac OS X “Leopard”がリリースされるようで、そこで完全にIntel版となりそう。.Macにも何も起こっていないようだし、新しい製品の発表もなし。なんとなく、微妙に盛り下がるWWDCもめずらしいなぁ。H.264のKeynoteストリーミングがキレイで見やすい事だけが救いか。

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
ソフトウェアエンジニア。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。