SummerWind

Web, Photography, Space Development

STS-131 打ち上げ見学ツアー 2日目

JAXA KSC Tour #004

1日目の続き。日付は4月4日。この日は朝からJAXAのKSC施設見学ツアーに参加するため、ココアビーチへ向けて出発。宿泊先のホテルからココアビーチまではだいたい30分程度で、ツアーの集合時間は8時過ぎだったものの、念のため6時50分ぐらいには出発。8時前にはあっさり集合場所に到着し、9時過ぎにバスに乗り込んでツアースタート。

ツアーバスがニコ生で中継されているnecovideoさんとご一緒だったので、自分もニコ生のほうにちらっと出演させてもらったりしつつ、バスは30分程度でKSCのVisitor Complexに到着。そのままガイドさんに引き連れられて、KSCのツアーバスに乗車して再度移動。途中、久々に見るVABに感動しつつ、15分程度でApollo/Saturn V Centerに到着。

JAXA KSC Tour #016

Apollo/Saturn V Centerでは、まずアポロ計画の歴史やらを追体験できる映像を鑑賞。それを観終えて扉の外に出ると本物のサターンVが登場。そうそうこの演出が好きなのよね。そして久々に見るサターンVはやはり圧巻。2段目のJ-2エンジン5機とかたまりません。一通りガイドさんが説明を終えて、少しだけ自由行動をとったあとは、再びツアーバスでVisitor Complexにとんぼ返り。

JAXA KSC Tour #031

Visitor Complexでは30分間自由行動できるとのことだったので、ロケットガーデンに出てふらふらとサターンI-Bを眺めたり、ショップに入って軽くお土産を物色する。ショップの書籍コーナーでは、T-38だけを取り上げた本「The NASA Northrop T-38」を発見してしまい、購入について真剣に悩んだり。表紙の写真が実に素晴らしいし、むーこれは欲しいぞ。

自由時間終了と同時に施設見学は終了。ってこれは普通のKSC見学ツアーじゃないかー、などと思いつつ、来たときと同じようにバスに乗り、ココアビーチの集合場所に帰還。この後は山崎さんが主催の打ち上げ前日パーティに参加の予定で、てっきりJAXAのツアーバスが会場まで運んでくれると思いきや、そういうことではないらしいので、同じ被害?にあっていた方々で車に分乗して、14時半過ぎにはなんとかパーティー会場のMilliken's Reef Restaurantに到着。

STS-131 Launch Guests Reception #002

パーティー会場は招待された方々やメディアの人々でごった返していましたが、フリードリンクでSpriteをぐびぐび飲みつつ(車なのでビールは飲めず、とほほ)、NASA音頭ハッピを着てふらふらしていました。途中、edevi1さんにお会いしたり、会場に来ていた星出さんと記念撮影させてもらったり、なぜかiPadのデモを見せてもらったりして楽しみました。最後はもちろん、NASA音頭ハッピを着た山崎大地さんと一緒に、みんなで記念撮影。いやー楽しかったです。打ち上げもうまくいきますように。

パーティーがお開きになった後は、パーティー会場からJAXAツアーの集合場所まで戻りたいというご家族を乗せて、一度車でいったん戻り、帰りにセブンイレブンで水などを買い込んでからホテル帰還。シャワーを浴びて、そのまま夜の打ち上げ見学に向けて仮眠をとったところで2日目終了。いよいよ打ち上げの3日目に続く。

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
ソフトウェアエンジニア。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。