SummerWind

Web, Photography, Space Development.

トラクション

TRACTION

少し前の話になりますが、オライリー様から「トラクション―スタートアップが顧客をつかむ19のチャネル」を献本いただきました。どうもありがとうございます。ようやく読み終わったので、感想などを簡単に書きたいと思います。

この本は、優れた製品を持つスタートアップが十分な顧客を得る、つまり「トラクション」を得るための方法がまとめられたものです。トラクション獲得の手段は19の「チャンネル」として定義され、それぞれのチャネルは経験者によるインタビューを元に具体的な手法などが紹介されています。チャネルの具体例にはバイラルマーケティングから、営業、コミュニティの構築といったものまで幅広く扱われていて、あまりこういった手法に詳しくない自分でも分かりやすく読めました。

自分も以前、スタートアップ企業で新規開発をしていた時期がありましたが、その時に「プロダクト」と「マーケティング」の2つの軸を正しくまわしていくことの重要性を感じていました。プロダクト面については「Running Lean」などの有名な書籍がすでにあり、その考え方などを学ぶことは比較的容易でしたが、マーケティング面は領域が広いこともあって網羅的に学ぶことができる良い情報源がなかったのでした。

今回のトラクションは、そういったスタートアップがマーケティング面で何をするべきかのとっかかりになる情報が「チャネル」としてまとまっているのでとても参考になりました。具体例なども書かれているので、もし自分が改めてマーケティング面での施策を考える機会があれば、この書籍を参考にして、いくつかのチャンネルを実際に試していくのがよさそうだなと感じたのでした。

最近の記事

全ての記事 »

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
プラットフォームエンジニア。HTTP/2 などのネットワークプロトコルや、サーバーサイド JavaScript などに強い興味を持つ。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。