SummerWind

Web, Photography, Space Development

気になるEOS Kiss Digital X

昨日、キヤノンのエントリー向けデジタル一眼レフ「EOS Kiss Digital X」が発表されました。自分も前モデルの「EOS Kiss Digital N」を使っていて、しかも非常に気に入ってる事もあり、新モデルはやはり気になります。

個人的に気になる点は大きな液晶とダスト対策システムの2点でしょうか。液晶に関しては、最近ソニーが発売したα100 | デジタル一眼レフカメラ”)を見たときに画面が大きくていいなぁと思ったんですが、今回のキスデジXもα100と同じ2.5型液晶ということで期待してしまいます。また、ダスト対策システムも一眼レフカメラにはあると便利な機構ですよね。カメラにホコリが入ったときはお手入れが大変ですし、撮った写真にホコリの影が映ると残念ですからね。

今回の新製品の名前に「X」がついたのは、Kissシリーズが10代目で10メガピクセルだからだそうです。個人的に画素数が多ければ良いとは思っていないので、画素が増える事にはそれほど興味がわいてこないんですが、今回の1000万画素というのはひとつの区切りとしてはいいんじゃないんでしょうか。

実は、今日たまたま新宿に用があったので、キヤノンのショウルームでキスデジXを触ろうと思っていたんですが、夕方6時を過ぎていたので、すでにショウルームが閉まってました。残念。また機会があればこんどこそ触りに行こうと思いますが、発売も楽しみです。

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
ソフトウェアエンジニア。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。