SummerWind

Web, Photography, Space Development

HTTP/2.0 Draft 08 日本語訳

HTTP/2.0の新しい実装向け仕様 (Draft 08) が公開されました。今回も仕様を日本語に訳したのでHTTP/2.0 Draft 08 日本語訳 日本語訳”)として公開します。前回の実装向けドラフトからの主な変更点としては、以下のような感じです。

  • CONNECTメソッドについての扱いが明記された
  • CONTINUATIONフレームに関連するフラグが整理された
  • SETTINGSフレームにACKフラグが追加された
  • :hostヘッダーが:authorityヘッダーに変更された
  • セキュリティへの考慮について一部文章が追加された

新たに明記されたHTTPのCONNECTメソッドについてはよく知らなかったので、この機会に少し勉強した上で訳しました。HTTP/2.0の動向を追っていると、HTTPやネットワークプロトコルに関する細かい仕組みや仕様なども勉強できてしまうのも、実は楽しいところなんですよね。

なお、公開した日本語訳は参考情報であり、正式な文書ではないことに注意してください。また、HTTP/2.0の仕様策定は進行中であり、すぐに内容が古くなる可能性があることにも十分注意が必要です。なお、日本語訳のソースはGitHubのリポジトリにあります。おかしな日本語や誤訳、指摘などがあればお気軽にIssueやPull Requestなどでお知らせいただけると嬉しいです。

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
ソフトウェアエンジニア。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。