SummerWind

Web, Photography, Space Development.

MacBookのメモリ増設とParallels

MacBookを購入してから3日が経ちました。ざっと使ってみたところ、やはりメモリーが標準の512MBだと少々きつい部分(特にRosetta周り)もあり、2GBに交換しました。MacBookのメモリーは2枚単位での交換になるので、1GBメモリーを2枚購入して交換になります。メモリーの交換は、すでに各所で言われている通り、バッテリー横のパネルを外すだけなので簡単に行う事ができます。

メモリー交換後はとってもスムーズに動作してます。PPCバイナリもRosettaのおかげでスムーズに使えますし、日常的な動作で困る事はなさそうです。若干の不満としては、動作中は予想以上に熱くなることですね。底面左側は低温火傷しそうなぐらいですし、ファンが比較的回る事が多いように感じます。それと、仮想化ソフトのParallelsの動作中に熱暴走が起こりリブートするという事もありました(これはParalellsの問題かもしれませんが)。

熱暴走の問題もありますが、それ以上にParalellsは非常に便利です。WindowsXPとUbuntu Linuxを入れて使ってますが、動作速度も実用レベルですし、VirtueDesktopsを使えば、いわゆるFast OS Switchingもできて、OSの切り替えも楽々です。あまりに便利で美しすぎるので、MacBook上でのFast OS Switching動画を撮影してYouTubeで公開してみました。よかったら見てみてください。

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
プラットフォームエンジニア。HTTP/2 などのネットワークプロトコルや、サーバーサイド JavaScript などに強い興味を持つ。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。