SummerWind

Web, Photography, Space Development

2007年のAppleはどうなる

2007年も始まりましたが、なんとなく「おめでとう」と言える気分でもなく、普段とあまり変わらない生活をして過ごしてます。今年もよろしくお願いします。さて、世界中のAppleファンにとって年明けの楽しみといえば、もうすぐ開催されるMacworld Conference & Expoですよね。もちろん自分も(特に今回は色んな意味で)楽しみにしている1人なんですが、今年は始まる前からなんだか雰囲気がいつもと違う気がします。

雰囲気が違う原因の1つに、Apple.comのトップページに掲載されている”The first 30 years were just the beginning.“というメッセージがあります。Appleが自らこういうメッセージを書くのはなんだか珍しいですよね。しかも「最初の30年は始まりにすぎない。」というメッセージ。まさにこれから何かが起こりそうな予感のするメッセージですよ。

原因のもう1つは、どんな製品が出るのか予想ができないことです。去年はIntelプロセッサへの移行があったので、ある程度どんな製品が出るのかを読めたわけですが、それが完了した今回はまったく読めません。まぁ、WWDCでiTVがプレビューされたので、この辺は予想ができますけど、これが一番のサプライズってことはないですよねきっと。

こんな感じで雰囲気がいつもと違うので、久々にワクワクできそうな基調講演になるのを期待してます。個人的な希望はMac mini以上、Mac Pro以下のディスプレイ無しミドルクラスマシンなのですが、これは無いかなぁ。とにかく、2007年のAppleには去年以上に期待です。

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
ソフトウェアエンジニア。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。