SummerWind

Web, Photography, Space Development

WordPressをキャッシュする

アンテナを経由してこのサイトにアクセスしてくれている方は多いと思いますが、時々、更新もしていないのにこのサイトの名前がアンテナの上の方に上がってくる事があります。この現象はバックエンドに使われているWordPress Japanのキャッシュプラグインに関連して起こっているようです。

本来、WordPressのページ生成はアクセスがくるたびにページを作る動的生成なのですが、このサイトを置いているサーバーはかなり非力な部類に入るので、動的生成を繰り返しているとサーバーとしては”いっぱいいっぱい”な状況になってしまいます。そこでWP-Cacheというプラグインを組み込んで、ページを生成したら一時的にキャッシュしておき、一定時間の間のアクセスにはキャッシュを返し、一定時間が過ぎるとキャッシュを放棄して再生成をするということを繰り返しています。

そんなわけで、半動的、半静的な生成を行っているんですが、どうもキャッシュの生成、放棄の段階でHTTP HeaderのLast-Modifiedが書き換えられちゃっているために、アンテナが反応してしまっているようです。WP-Cacheを使うとサーバーの負荷が下がるし、レスポンスも速くなるので、個人的にはかなりお気に入りのプラグインなんですが、どうもアンテナと相性が良くないみたいですね。一応プラグインファイルの中身をちょこっとのぞいて改造してみたんですが、うまくいくかはしばらく様子見です。

アンテナとの相性問題はありますが、WordPressの動的生成が重いと思ってる人はWP-Cacheプラグインでキャッシュを使って高速化してみるのも一つの手かもしれません。

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
ソフトウェアエンジニア。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。