SummerWind

Web, Photography, Space Development

富士登山に挑戦

Mt. Fuji #008

先週末は以前よりkazuさん、neotagさんと計画していた富士登山に行ってきました。直前になってneotagさんが参加できなくなってしまったため、最終的にkazuさんと2人で富士登山に挑戦。

出発は8日土曜日の朝。7時半過ぎに新宿駅に集合し、8時過ぎのホリデー快速河口湖1号に乗車。中央線、富士急行線と一気に移動して10時半前には河口湖駅に到着。さらに富士山5合目までのバスに乗車し、12時には5合目に無事に着くことができました。まずはと昼食を食べた後は、自分が富士登山初体験ということで、しばし体慣らしもかねての休憩時間に。

周辺を散策したり本を読んだりして体をならした後、14時ぐらいに登山開始。道中は基本的に曇り空でしたが、途中で雲が途切れて青空と雲海も見えたりしました。きれいだったなー。何度か休憩を入れつつも、16時ちょい前ぐらいには7合目のトモエ館に到着。ここまで高山病の気配もなしだったので、深夜の登頂再開までしばし休息。今思えば、夕方の富士山の写真を撮らなかったのは失敗。うまく雲の切れ間があればいい写真も撮れただろうなぁ。

日付変わって9日の1時半に起床。若干頭痛がするも体調は問題なかったので、kazuさんと共に2時に登頂再開。頭痛対策に深呼吸をしつつ、暗闇の中ひたすら崖を登って8合目を目指します。ところが途中で自分のiPhoneが行方不明になっていることが判明。トモエ館を出る直前まであったので、おそらくトモエ館に置いてきたんだろうと思い、8合目のトモエ館から連絡をとってみるも見つからないとのこと。

とりあえずiPhoneのことは忘れて登山に集中。徐々に空が明るくなる中、9合目まで到着するもそこからはものすごい人の渋滞に。御来光も雲がかかってしまって見えそうになかったので、そのまま頂上へ。ようやく登頂に成功したのは6時前で、そのまま山小屋で温かい豚汁を食べてホッと一息。いやー、日本最高峰とはいえ登れてしまうものですね。

豚汁で暖まった後は、せっかくなのでお鉢巡りへ。この時点で疲れと頭痛がかなりひどかったのですが、やはり山頂からの眺めは素晴らしかったです。火口を一周した後は、7合目のトモエ館に戻ろうと登山道を逆走するも、やはり登ってくる人の迷惑になるということで下山道に切り替えてひたすら下る下る。下りだからサクサク行けるだろうと思いきや、膝と腰への負担がすさまじく、フラフラに。こまめに休憩を入れてもらい、なんとかかんとか5合目まで戻って来れたのは11時過ぎぐらいでした。

5合目ではお土産をさくっと購入し、来た時と同じようにバスで河口湖駅に帰還。ここで行方不明のiPhoneを確認すべくトモエ館に再度連絡するも、やはり見つからないということでこちらは諦め。さらば発売初日に並んで購入したiPhone。気を取り直して、登山の疲れを癒すためにkazuさんオススメのふじやま温泉へ。適当な移動手段がなかったのでタクシーで一気にワープし、そのまま温泉へ直行。ふー癒される。登山の後の温泉は最高ですね。温泉の後はビールで乾杯しつつ昼食をとり、休憩室でお昼寝とまったりコースへ。

16時過ぎまでまったりしてから、ふじやま温泉から周遊バスに乗り、河口湖駅へ。そこからは富士急行線、中央線と乗り継ぎ、そのまま帰路へ。途中、新宿駅でkazuさんとお別れ。今回はいろいろナビゲートしていただきありがとうございました。来月もよろしくです (謎

こんな流れで初めての富士登山は怪我もなく無事完了。案外あっさりと登れてしまうものだなーと頂上では感じましたが、本当につらかったのは下りでした。「富士山はもう一度登ってもいいけど、下るのは2度とごめんだ」と本気で思うほどに下りはきつかったです。とはいえ、富士山からの眺めはすばらしかったですし、久々に体も動かせたので、富士登山に挑戦してよかったなと思っています。

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
ソフトウェアエンジニア。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。