SummerWind

Web, Photography, Space Development

オーランド旅行 2日目 その1

オーランド滞在2日目は、ケネディ宇宙センターでスペースシャトルの打ち上げを見学してきました。今回はオーランド観光の打ち上げツアーでの参加。朝10時半にホテルでピックアップ後、12時頃にケネディ宇宙センターに到着。シャトルの打ち上げは19時55分の予定なので、午後は宇宙センターの見学タイムということに。

ケープカナベラルにあるケネディ宇宙センターは非常に広大な土地なので、観光客用にVisitor Complexという場所が用意されています。Visitor Complexでは、アトラクションを体感したり、IMAXで映画を観たり、さらにここからセンター内のバスツアーにも参加することができます。今回はまずバスツアーに参加して、アポロ計画の展示物をみることができるApollo / Saturn V Centerへ。

Kennedy Space Center #004

Apollo / Saturn V Centerへ向かう途中には、シャトル組み立て棟の巨大なビルが見えました。高さ110mでスペースシャトルだけでなく、アポロ計画のサターンVロケットもすっぽり入ってしまうということで、本当にデカいです。このビルに描かれてるアメリカ国旗は世界で一番大きいものだそうで。

本来ならバスツアーは組み立て棟の先にある39A発射台の近くにも行くそうですが、この日は打ち上げ当日ということでセキュリティの関係などで省略。そのままシャトル組み立て棟を眺めつつバスに揺られていると、Apollo / Saturn V Centerに到着。まずはアポロ計画の短編映画 (アポロ13号に乗ったジム・ラベル本人が登場) を観て 、その後に展示場へ誘導。

Apollo / Saturn V Center #003

展示場に出ると、すぐ目の前にサターンVの1段目が登場。今回の旅行の目的は、もちろんスペースシャトルの打ち上げを観ることですが、このサターンVロケットや月着陸船 (LEM) の実物が見られることも非常に楽しみにしていたので、とても感動しました。こののほかにも、お目当てだったLEMや、アポロの司令船と機械船などもばっちり展示されており、アポロ計画好きにはたまらない内容だと思います。ただ、残念だったのがLEMが宙づりの状態での展示だったこと。もっと間近で見たかっただけに残念すぎる。

Launch Pad 39A

Apollo / Saturn V Centerを一通り見学した後は、館内のフードコーナーで昼食を購入。フードコーナー横のドアから外に出ると、芝生があり、そこから打ち上げ直前のスペースシャトルが設置された39A発射台が遠くに見えます。そんなわけで39A発射台を眺めながら、遅めの昼食。

Kennedy Space Center #006

昼食後はグッズコーナーでお土産を購入後、再びバスに乗ってVisitor Complexに戻ります。Visitor Complexに戻った後は、1時間ほどの自由行動。ロケットの展示を見たり、打ち上げに向けて設置された屋外スクリーンでシャトルの状況を確認しながら過ごしたりしていました。

そんなこんなしているうちに、打ち上げの3時間前に。ここからは、いよいよシャトルを打ち上げを見るために、射点から8kmほど離れたビューイングサイトへ移動します。その2へ続く。

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
ソフトウェアエンジニア。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。