SummerWind

Web, Photography, Space Development

iPhone購入記

iPhone Launch Day #007

iPhoneを買いました。大学の近くのSoftBankで仮予約はしていたものの、結局「買える」という連絡がなかったので、じゃあ久々のお祭り気分を味わうかなと思い原宿で並んできました。すでに各所に色々書かれていますが、今回は自分の感想などを交えてざっくりと。

木曜日は18時まで仕事をして、一旦自宅に戻りシャワーなどを浴びてから原宿へ出発。21時ぐらいには原宿に到着し、代々木体育館の横あたりの行列最後尾へ。数分後に会社の人と合流し、そのまま3人でずっと並んでました。23時前くらいには、孫さんが突然現れて行列の人をねぎらいにきたので、ついでに自分も握手してもらいました。就活中はこの人の本を読んてみたりもしていたので、ちょとだけ感動。

日付が変わるとさすがに眠くなってきたので1度眠ったのですが、なぜか1時間ほどで目を覚ましてしまったのでそれ以降はそのまま起きてました。とはいえ時間はなかなか経ってくれないので、MacBook Proを枕に路上で爆睡している某氏(誰)を横目に、溜まっていたPodcastを聴いたり、MacBookで大学の研究関連の作業をしてたりしました。

そんなこんなで発売日当日の朝を迎えました。6時45分ごろから、記念セレモニーなどをやっていたらしいですが、並んでいた場所までは何も聞こえず。その後は、突然現れたストームトルーパーを写真にとったりしつつ、少しずつ進む列に延々と並びつづけ、ようやくお店の近くまでたどり着いたのが11時ぐらい。ここで欲しかった16GBの黒モデルの在庫僅少との情報が入ったのですが、自分を含めた付近の人々の動揺っぷりはすごかった。それでもなんとか12時過ぎには入店し、無事に16GBの黒モデルを確保できました。今回、DoCoMoからMNPで移行したのですが、トラブルもなくスムーズにできたのでよかったです。

無事に欲しいモデルを確保した後は、ただひたすら「スゲー、スゲー」と言いながらiPhoneをいじりつつ、周辺機器を買うために渋谷のApple Storeへ。店内にはiPhone 3G対応のアクセサリなどもきちんと準備されていたので、Dockと保護シートをさくっと購入後、遅めの昼食をとってから帰宅しました。

結局買うまでにかかった時間はおよそ17時間ほどでしたが、最初に自分がiPhoneを見た、去年のMacworld Expo SanFransiscoからすでに1年半も待っていたことを考えれば、17時間なんてちっぽけなものです。SoftBankの対応の方は、行列の整理などはそれなりにしっかりしていたし、購入時に自分の手で開封の儀式をさせてくれる(おもてなし?)あたりは良かったと思います。とはいえ、あれだけの行列でかつ炎天下の中で長時間待つわけですから、整理券ぐらい配ってもよかったんじゃないかなーとも思った次第。

結局最後は欲しいものが手に入ったわけですし、お祭り気分も味わえたので、今回は並んでよかったなと思いました。帰宅後の疲労はすさまじいものでしたが…。iPhone自体の感想についてはまた後日に。

Moto Ishizawa

Moto Ishizawa
ソフトウェアエンジニア。ロケットの打上げを見学するために、たびたびフロリダや種子島にでかけるなど、宇宙開発分野のファンでもある。